ゼンパスタで糖質制限ダイエット?ちょっと待って!こんな食べ方に要注意

ゼンパスタ 糖質制限

イタリアで超ブームとなっているゼンパスタって知っていますか?

この間、たまたまテレビでやっていたんですが、イタリアで今、「Zen Pasta(ゼンパスタ)」という料理がヘルシー志向の人の間でものすごく流行っていて、ゼンパスタのお店があったり、家庭でもゼンパスタを作ってお昼ご飯に食べたりしている人が急上昇中なんだそうです。

このゼンパスタ、日本ではほとんどなじみが無い言葉ですが、日本でもと~っての馴染みのある食べ物なんですよ!

じつは、ゼンパスタは「しらたき」のことなんです。

そう。

お鍋やすき焼き、おでんには欠かせないしらたき。

ゼンパスタとは、普通、小麦粉でできたパスタを白滝に変えた料理なのです!

日本語で書くと「禅パスタ」と書き、禅には健康的で日本的なイメージがあることからそう名づけられたそうです。

ゼンパスタの作り方は簡単。いつものパスタをしらたきに変えるだけ!

では、このゼンパスタ、どうやって作るのかと言うと、作り方は超簡単。

普通にパスタソースを作って、パスタと絡めるところをしらたきに変えるだけ!

カルボナーラだって、ミートソースだって、ペペロンチーノだって、何だってできちゃう☆

食感はちょっと違うけど、しらたきには味がほとんど無いので、ソースの味だけが味わえ、おいしくヘルシーだということで人気なのです。

ゼンパスタ(しらたき)のカロリーは?

ゼンパスタ(しらたき)のカロリーですが、
100g当たり6kcalとかなり少ないです。

ほぼゼロカロリーみたいなもんです。

それに比べ、パスタのカロリーは、
ゆでたパスタ100g当たり150kcalなので、その差は歴然。

しかも、パスタ1食食べるとなると、ゆでた麺は平均で250gくらいになるので、
1食当たりのカロリーは375kcal。

糖質は68g前後と、けっこう多い。

しらたきの糖質はほとんど無いので、糖質制限ダイエットにはもってこいです!

これだけ聞いて、じゃあ普段の主食をゼンパスタ(しらたき)に変えたらダイエットできるかも~♪と早とちりするのはちょっと待ってください。

ゼンパスタ(しらたき)も食べ過ぎは良くないのです。

ゼンパスタを食べ過ぎるとなぜ良くないのか?

他のサイトでは、ゼンパスタおすすめ!ゼンパスタは糖質制限ダイエットに良い!
といいことばかり書かれてありますが、
このサイトでは、逆に食べ過ぎるとどのようなことが起こってしまうのか、書いていきたいと思います。

①腸が詰まって逆に便秘に

ゼンパスタ(しらたき)はほぼ水溶性食物繊維でできています。

消化吸収されずに体外に排出されるので、便秘解消にも良いとされているのですが、
この水溶性食物繊維、食べ過ぎると逆に腸が詰まってしまい、便秘になることがあるのです。

しかも、通常パスタで食べる量と同じ量のしらたきを食べるとなると、1食当たり250gくらいでしょうか。

一度に250gのしらたきを食べたことがありますか?

お鍋やおでんなどに入っているしらたきは、ちょっと箸休めに食べるのがおいしいのであって、あくまでもサブですよね。

メインはお肉や野菜、おでんだとちくわや卵、練り物を支えるサブ的要素です。

それが、ゼンパスタとして1食分食べるとすると、ものすごい摂取量になります。

すると、食物繊維が多すぎて、うまく排出されず、腸の中で滞ってしまう恐れがあるのです。

便秘解消に!と食べ始めたのが逆効果だった(-_-;)ということになりかねません。

②糖質0なので、食べても食べても満腹感が得られない

しらたきには糖質がほぼ含まれていないので、食べても血糖値が上がりません。

糖質が多く使われているパスタソースなら、ソースの糖質分の血糖値は上がりますが、それは微々たるもの。

他にも、ゼンパスタには食物繊維以外の栄養素(脂質、タンパク質)が含まれていないので、食べても食べても血糖値が上がらず、栄養も入ってこず、満腹感が得られないのです。

そこで、糖質やタンパク質が入っている他の物を食べて補ってあげるなら良いのですが、ダイエットのためにと、ゼンパスタを2倍、3倍も食べ続けると・・・

①で述べたように、便秘になってしまう可能性があります。

それに、胃だけが無駄に広がり、食べても満足感のない体になってしまうことも考えられます。。

以上2点がゼンパスタを食べる上でのデメリットだと覚えておいてください。

ダイエット中に食べるゼンパスタのおすすめの食べ方

では、ダイエット中にゼンパスタを食べるならどのような食べ方、食べ合わせが良いのか、紹介していきます。

①タンパク質が多く使われたパスタソースで食べる

ゼンパスタを食べる時のソースを作る時、おすすめなのが「タンパク質」が多く使われたソースにすることです。

海老やシーフードなどの魚介類のパスタや、牛ひき肉、鶏肉などのお肉を使ったパスタ、または卵を使ったパスタなんかもおいしそうですね!

ダイエット中に必要不可欠なタンパク質がしっかり摂れるようなソースを作るようにしてみてください。

具が少ないオイルベースのパスタはダイエット的にはあまりよくありません。

②ちょっと濃い目の味付けで食べ過ぎないようにする

ゼンパスタはしらたき自体が無味で味気が無いので、その上ソースも薄味だと、1食食べても物足りず、低カロリーだからどれだけ食べてもいいや!と、量を多く食べてしまう可能性があります。

たくさん食べてもカロリー的には低いので太らないとは思うのですが、

先に述べたように、便秘になったり、胃が広がってしまう恐れがあります。

それを防ぐには、ソースは少し濃い目の味付けにして、1食分で十分満足できる味付けにしておくことです。

ゼンパスタは糖質も塩分もゼロなので、少し塩分を多めにしたり、砂糖を多めに加えてコッテリ味にしても大丈夫です。

とにかくゼンパスタだからと言って、食べ過ぎないようにし、1食分の量はきっちり守るようにしましょう。

でも、適量なら便通が良くなる効果も期待できそうですし、罪悪感無くパスタが食べれるのはいいなと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です