ダイエットはタンパク質不足だと絶対痩せないんです

ダイエットタンパク質不足

ダイエットのために卵やお肉、お魚をしっかり食べているkimiです。

こんにちは!

今日はタンパク質について。

ダイエッターの皆さん、普段の食事で「タンパク質」を意識して食べていますか?

タンパク質と言えば、筋肉を付けるための物、プロテインに入っている物、なんていうイメージが強いですが、実はダイエットの強力な味方なんです。

タンパク質不足ではきれいに痩せることができないのです。

なぜ、ダイエット中にタンパク質が必要なのか、タンパク質不足だとどうなるのか、お話ししていきますね。

タンパク質は身体でどんな働きをしてくれるの?

タンパク質とは、「糖質」「脂質」に続く3代栄養素の一つで、体にとっては必要不可欠な「必須栄養素」とされています。

私たち人の体もほとんどがタンパク質でできているんですよ!

筋肉をはじめ、内臓などの臓器、皮膚、髪の毛、血液までも、タンパク質で構成されているのです。

タンパク質が多い物を食べると、体内で消化され「アミノ酸」という物質に分解されます。

このアミノ酸は肝臓に送られて蓄えられ、その後、肝臓から全身にアミノ酸が送られ、タンパク質が合成されるのです。

タンパク質不足だと痩せられない理由は?

では、なぜタンパク質不足だと痩せられないのか?それには4つの理由があるんです。

1.脂肪燃焼にはタンパク質が必要不可欠

消費されなかった余計な脂肪分は、体脂肪として体に蓄積されますよね(><)

痩せるには、この脂肪を分解しなければならないのですが、その際にタンパク質が必要になんです!

タンパク質が足りないと、脂肪分解がスムーズに行われないため、ダイエット中はタンパク質を積極的に摂るべきなんです。

2.筋肉の維持ができない、筋肉量が減る

ボディビルダーの方たちは、筋肉を維持するために、タンパク質を大量に摂るように、
十分にタンパク質を摂取しないと、身体の筋肉は維持できないのです。

身体の筋肉量が増えると基礎代謝も上がり、何もしなくても消費カロリーが高くなるので、痩せやすい体になります。

よくありがちなダイエットで、全体の食事量を減らすというダイエットがありますが、
その方法だとタンパク質まで減るので、体脂肪も減るけど、筋肉量も減ってしまいます。

その結果、ちょっと食べるだけですぐに太る、太りやすい体が出来上がってしまうのです(><)怖いですね~・・・

3.タンパク質不足は過食を引き起こす

まだまだありますよ!

オーストラリアのシドニー大学の研究では、身体がたんぱく質不足だと感じると、必要なタンパク質を摂るまで、食欲が落ち着かない、という研究結果まであるそうです。

糖質の多いご飯やパン、お菓子などをたくさん食べても、お腹が満たされず、すぐ何か食べたくなる・・・ていうのは、タンパク質不足のせいかもしれません。

4.身体がむくみ、水太りの原因に

そして、タンパク質不足はむくみとも関係があります。

人間の血液もタンパク質で作られていますが、タンパク質量が減ってしまうと、体内の血液循環や水分の循環がうまくいかず、余分な水分がたまりやすいのです。

むくみを摂ろうと一生懸命水を飲んでも、代謝しにくい体だと水太りのようになってしまいますよね。

スッキリむくみを摂りたい人は、タンパク質をしっかり摂ってあげると有効なんです。

たんぱく質不足かどうかは血液検査でわかる

では、自分の体がたんぱく質不足かどうか分からない、知りたい!という人はどうすればわかるのかと言うと、

血液検査しかありません。

血中総タンパク(TP)という値で判断しますが、基準値は6.5-8.0(g/dl)です。

ですが最低でも7.0(g/dl)以上、できれば7.5(g/dl)はある方が良いとされています。

それ以下だと、タンパク質不足だということが分かります。

私は、以前無理なダイエットをして、お魚やお肉を減らしていた時、総タンパクの値が6.2(g/dl)でした。

先生からは、タンパク質不足だから、もっと赤身のお肉やお魚を食べなさい、赤身のお肉は太らないから!と言われていました^^;
確かにそのころの体は疲れやすく、体もぶよぶよで肌荒れもひどかったです。

食欲も、過食症真っ只中の頃で、自分でコントロールするのが難しいと感じていました。

たんぱく質不足を食事で補うなら何をどのくらい食べれば良い?

では、ダイエットの強い味方であるタンパク質を食事で摂ろう!となると、何をどのくらい食べればいいのか迷う人も多いかと思います。

ですが、基本的に、タンパク質では太りません。

血糖値も上がらないですし、脂質が低い物ならば、体内で脂肪と合成されることもありません。

おすすめなのは、赤身の肉(牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、鶏むね肉、ささみ)などです。

また、お魚はなんでもOKです!青魚(サンマ、サバ、アジ)などは脂質も多いですが、魚の油はDHAという健康やダイエットにも良い油なので、積極的に摂ってもらいたいので、気にしなくても大丈夫です。

後は、卵、豆類(豆腐、納豆、枝豆など)をバランスよく組み合わせてみてください。

私はよくスーパーの特売の日に豚ヒレ肉ブロックをまとめ買いして冷凍庫にいれておいて、よく豚ヒレステーキを作ったりします。

トンカツではなく、ステーキにすることで油の量を抑えられるし、何より簡単ですぐにできちゃうので忙しい主婦の方にもおすすめです^^

そして、食べる量ですが、1食当たり手の平1枚分は最低でも食べてください。

私の感覚としては、もっと食べても大丈夫な印象です。

1日に必要なタンパク質量=体重(kg)×1.0g~1.5g

なので、タンパク質は積極的に食べてみてくださいね!

私はプロテインシェイクでタンパク質を補っています

ただ、朝からお肉を焼いたり、卵料理を作ったり・・・っていうのが結構大変で続かない人も多いかと思います。

そういった人はプロテインドリンクを飲むことをおすすめします。

私も飲んでいる「ヘルシーバンク」のプロテインドリンクは、無添加人工甘味料不使用なので、毎日でも飲める体にも優しいプロテインです。

市販の物には、大量に人工甘味料が加えられて変な甘味があるものも多いので注意してくださいね。

プロテインドリンクを朝ごはん代わりに置き換えるだけで、本当に簡単にたんぱく質が摂取でき、その上摂取カロリーも抑えられるので、ダイエットには最適な方法です(*^-^*)

日ごろからしっかりタンパク質を摂取して、痩せやすく、太りにくい体作りを目指しましょう!

https://tabetai-yasetai.net/osusume/protein/post-273

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です